パセリの種まき

春になり、野菜苗が売り出されるのが待ちどおしいですね。
野菜を育てるには、それなりの経験が必要ですが、自宅の
ベランダでも出来るのがパセリですね。
いまだったら、簡単に苗が手に入るので、初心者でも育てる
楽しみ、食べる楽しみが体験できますね。

ネットで、いろいろのことをを調べていると、ときどき
思わぬページに飛んで思わず読みふけってしまいます。

パセリを調べていたら、『うばたに』さんという方が、
派遣スタッフ応募者にパセリ栽培セットを贈るという記事が
ありました。

うばたにBLOG「種まきの季節」

http://www.ubatani-a-style.jp/archives/2006/02/post_68.html

うばたにさんは、総務の力で、どう社員のやる気を引き出すかを
テーマの一つに仕事をしている人で、リクルートをやめて農業も
5年間していたというおもしろそうな方です。

あっ、組織運営に興味のない人は、この話スルーしてください。

それでは、今日の記事いってみましょう。
パセリの種まきの話です。

Parsley:パセリ
学名:Petroselium crispum

本 [今日の記事]
Parseley seeds take some weeks to germinate,
but soaking them overnight in hot water helps
to speed up the process. Sow in the ground,
thin seedlings when they are big enough.
Sow seeds every year, so that when one batch
runs to seed in its second year a new batch is
ready to use. Harvest from late spring.

本 [日本語訳]
パセリの種は、芽が出るまで数週間かかりますが、
一晩お湯につけると、芽が出るのが早くなります。
土に種をまいて、苗が十分大きくなったら間引いて
ください。毎年、種はまいてください。そうすれば、
二年目に入り前年の分がとうが立つ頃、新しい年の
分が使えるようになります。
晩春から、収穫してください。

本 [単語チェック!]
germinate:を発芽させる  ジャーミネイトと発音
soak:浸す、つける
thin:この場合動詞で 間引く
seedling:実ばえ
batch:一度分
run to seed:種ができる、とうが立つ  go to seed も同じ意味
   人に使う場合は、盛りがすぎるという意味、つまり種に
   なっちゃったということなんでしょうか。

プレゼントにほんブログ村ランキングに参加しています!←応援まってます!ぴかぴか(新しい)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14231961

この記事へのトラックバック
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。