香辛料のサフラン1kgには17万個の花が必要です。

中東を旅行した友人から香辛料のサフランを
お土産にもらいました。

赤い雌しべの部分をていねいに手で摘み採ったものだそうです。サフランの花には一見3本の雌しべがありますが、
実は長い1本の雌しべが途中から3つに枝分かれしています。
スパイスとして価値があるのは、この枝分かれしている
鮮やかな赤色をした部分のため、1つの花から
スパイスとしてのサフランは3本採れるだけなのです。

1kgのサフランには17万個の花が必要だといいます。
相場は1kgで15万円位だそうですのでとても高価なもの
なんですね。

さっそくサフラン・ライスを作って見ましょう。

yasai0006L.jpg

Saffron
サフラン

本 [今日の記事]
Saffron

The most expensive spice in the world fortunately goes a long way! It's derived from the stigmas of the saffron crocus (Crocus sativa), which can only be picked by hand. It takes 250,000 stigmas to make just half a kilo of saffron.

Saffron can be bought whole in threads or strands (stigmas), which should be crushed just before using, or in powdered form. Spanish and Kashmiri saffron are reputed to be among the best quality. Saffron gives a distinctive aroma and flavour and a yellow colour to Spanish paella and Italian risotto. Saffron is also a classic ingredient in the French fish soup bouillabaisse.

[出典]bbc.co.uk

本 [単語チェック!]
Saffron:サフラン
fortunately:幸いにも
go a long way:長続きする
derive:から得られる
stigma:(雄しべの)柱頭
thread:糸
strands (stigmas):ひも
crushed:粉々にする
reputed:評判のよい
distinctive:独特の
paella:パエリア
ingredient:材料
bouillabaisse:ブイヤベース(サフラン風味の魚介類の煮込み)



★今週の花ブログ・ランキング
☆今週の英語ブログ・ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36479937

この記事へのトラックバック
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。