マレーシア産天然バイアグラってなに

植物が関係する外国のニュースを検索していると、時々思いがけないニュースにぶつかります。

マレーシアの経済成長の鍵を天然バイアグラが握っているという記事がありました。

マレーシアで催淫・強壮に伝統的に使われてきたトンカットアリという植物は、熱帯雨林のダイアモンドと言われ、マレーシア・過去20年以上にわたって研究されています。

大学の研究では1週間トンカットアリを服用した結果、男性ホルモンの値が上昇し、精子の量と質の向上がみられたといいます。

効果は朝鮮人参の5倍にもなり、最近ではその効果と安全性からアメリカ・ドイツ・アラブ諸国などで広く商業化され始めているとのことです。


Tongkat Ali
学名:Eurycoma longifolia

本 [今日の記事]
Malaysia pins hopes on herbal Viagra for biotech push

Malaysia's answer to Viagra is a traditional herb the country has picked to spearhead its push into biotechnology, but now it faces the challenge of convincing the world the remedy is both potent and safe.

Surging interest in the herb, "tongkat ali," has spawned dozens of products, from pills to beverages, that play up its reputed aphrodisiac properties, and could even threaten the sway overseas of ginseng, a more-widely established remedy in Asia.

Generations of aging Malaysian men have sworn by the rejuvenation effects of "tongkat ali," scouring the countryside for it so eagerly that it has almost vanished from all but the deepest rainforest, and now has the status of a protected plant.

Scientific studies show that concoctions of "tongkat ali" can help hormone production, making rats and mice more frisky, but have yet to prove it can reliably produce the same effect in humans, researchers say.

"It can have different effects on different people," said Abdul Razak, head of the Forest Research Institute of Malaysia, which is driving research and commercial production of the herb.

"For me, it gives the energy to play a game of golf without getting tired, but has no other effects," said Razak, who takes two capsule supplements of the herb before each weekly game to increase his stamina.

"Tongkat ali," which scientists call Eurycoma longifolia, is a slender evergreen shrub with bitter, brownish-red fruit that is native to Malaysia and Indonesia.

All parts of the plant which grows up to 10 meters (33 ft) tall can be chopped up fine and boiled in water to make the traditional medicine.

As Malaysia looks to biotechnology for economic growth, scientists are taking a harder look at the aphrodisiac qualities of tongkat ali, which means the "walking-stick of Ali," in Malay, and they say it could spawn drugs to treat cancer and malaria.
[出典]ロイター

本 [日本語訳]
経済成長の鍵を握る天然バイアグラ

 バイオテクノロジーで経済を活性化したいマレーシアは、地元産天然バイアグラ(ハーブ薬)に期待をかけているが、その効果と安全性を世界に立証するにはまだ時間がかかりそうだ。

 アジアで幅広く普及している朝鮮人参に匹敵する滋養強壮剤として、今国内の話題をさらっているのが「トンカットアリ」というハーブ。錠剤やドリンクなど様々な商品が発売されている。

 その若返り効果は古くから地元の男性たちに知られているが、最近では乱獲により森の奥深くでしか見つからなくなってしまった。現在では保護対象植物に指定されている。

 研究によると、トンカットアリに含まれる成分がホルモンの分泌を促進する。ラットとマウスを使った実験では、両動物に性欲の増加が認められた。一方、人間にも同様の効果が期待できるかはまだ分かっていない。

 「人によって効果は異なるようです。私の場合は、ゴルフをやっても疲れないようになりました。でもそれ以外の効果は特に感じられません」と語るのは、トンカットアリの研究と商業生産に携わるマレーシア森林研究所の所長アブドゥル・ラザック氏。毎週ゴルフの試合前にサプリメントを二錠飲みスタミナをつける。

 トンカットアリ(学名:Eurycoma longifolia)は、マレー語で「アリの杖」という意味。マレーシアやインドネシアに生息する10メートル近く伸びる常緑樹で、赤茶色の苦い実をつける。ハーブ薬は、この木を丸ごと切り刻み煮詰めて作られる。

 マレーシアの科学者たちは、トンカットアリに大きな期待をかけている。催淫薬としてのみならず、癌やマラリアの治療薬として開発していく予定だ。



★今週の花ブログ・ランキング
☆今週の英語ブログ・ランキング
この記事へのコメント
こんばんは。

お久しぶりです。
ずっとお休みされていたので、どうなさったのだろう?と思っておりました。
記事更新、復活でうれしいです。
又楽しみにお邪魔させていただきます。
Posted by Shumho at 2007年04月06日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37456460

この記事へのトラックバック
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。