シャクヤクは英語でなんていうの?

ボタンとシャクヤクの違いは、ボタンは木の仲間でシャクヤクは多年草である草の仲間です。

『立てばシャクヤク、座ればボタン』と美人の形容に使われるのは,木質の幹から枝分かれして横に広がってその上に花が咲くボタンに対し、春先に地際から茎がすらりと伸び、その頂点に咲くシャクヤクの草姿を美人の立ち振る舞いになぞらえたものと言われています。

ボタンは普通、シャクヤクの根を台木にして、それに9月上旬ころに切接ぎをして繁殖します。この台木は数年たつと肥大しすぎて、根の機能を失うので、根ぎわに土を盛って、早く穂木のボタンから自分の根を出させるようにします。



今日の記事は、peony の説明です。ボタンとシャクヤクのことをいっています。

シャクヤク.jpg

Herbaceous peony  Chinese peony 芍薬 シャクヤク
発音:ハーベイシャス・ピーオニー
   チャイニーズ・ピーオニー
学名:Paeonia lactiflora Pall.

本 [今日の記事]
peony, any plant of the genus Paeonia of the family Ranunculaceae (buttercup family, although placed in the order Dilleniales as a separate family, the Paeoniaceae, by many modern botanists), mostly Eurasian species popular as garden and florists' flowers. Herbaceous peonies (most varieties of P. lactiflora)—formerly and still sometimes called piney—are hardy, bushy perennials that die back each year. The large, usually spring-blooming, single or double flowers commonly range in shades from red to white. Tree peonies (P. suffruticosa) have a somewhat woody, persistent base and are usually taller than the herbaceous, with more abundant and larger blossoms; they often are very long-lived but are less common in cultivation. Both kinds of peony have long been venerated in their native China and Japan. The peony was formerly regarded as both ornamental and medicinal—the roots were used to prevent convulsions. P. brownii is a species of small peony, not horticulturally important, that is native to the West Coast of North America. Peony is classified in the division Magnoliophyta, class Magnoliopsida, order Ranunculales, family Ranunculaceae.

[出典]Columbia Encyclopedia

本 [単語チェック!]
buttercup family:キンポウゲ科
 buttercup はバター色をしたカップ状の花が原義


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。