皇帝ダリアは英語でなんていうの?

庭の皇帝ダリアが寒さにめげず咲いています。
霜が降りるまで、ピンクの花が楽しめそうです。
和名は木立ダリアともいいます。
原産地は、メキシコ、中央アメリカ、コロンビアです。

英名はTree dahlia 学名 Dahlia imperialis
皇帝ダリアは学名からとった名前で、木立ダリアは英名からつけた名前ということになります。

キク科の多年草で花期は11月。草丈は3〜5m位になり、まるで木のようです。
短日性で日が短くなると開花します。
花が咲き終わって、冬になると地上部は枯れ、新芽は、春に顔を出します。

皇帝ダリア.jpg

皇帝ダリア
 木立ダリア Tree dahlia

学名:Dahlia imperialis

本 [今日の記事]
Tree Dahlia
For dramatic autumn colour, tree dahlias are hard to beat.
They are giant plants with huge leaves and stems, and shaggy,
lavender flowers resembling ballerinas’ tutus.
It’s not only the appearance of the tree dahlia which
causes drama in the garden – so do the very brittle stems.
One minute you can be proudly showing your tree dahlia off
to the neighbours, then before you know it, a sudden gust of
wind has blown the whole plant over!
Plant details

Common name: Tree dahlia
Botanical name: Dahlia imperialis
Description: Herbaceous perennial, 3-5m (10-15′) tall.
Native to Mexico, Central America and Colombia,
they have thick bamboo-like stems, large bipinnate leaves
and clusters of single lavender flowers with yellow centres.
Single or double white flowering forms are also available.
Best climate: Tree dahlias will flourish in most areas
(including sub-tropical and cold regions) but flowering can
be ruined by frosts.
[出典]Burke's BACKYARD

本 [単語チェック!]
hard to beat:この上なく素晴らしい
shaggy:毛がもじゃもじゃ生える、はびこる
resembling:似ている
ballerinas’ tutus:バレリーナのチュチュ(衣装)
brittle stems:もろい茎
sudden gust of wind:突風
the whole plant over:植物全体が倒れる
flourish:花ひらく



| 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。