ジギタリスは英語でなんていうの?

ジギタリスは和名をキツネノテブクロといいます。
これは、英語名common foxgloveを和訳したものです。
花の形が管状でまるでキツネの手袋のように見えるからこの名がついたのでしょう。
草丈1m以上になる大型種ですが、桃や白の筒状の花が片側にまるで、いくつもの
ペンダントが重ね合わせるように咲きます。花壇の後方に植えるのに向いています。
原産地は欧州です。

common foxglove ジギタリス、キツネノテブクロ
学名:Djgitail purpurea

019573105a6c67dd44363a99a654e3ebff4f2846ce.jpg

本 [今日の記事]
Djgitail purpurea is a biennial or short-lived perennial, freely self-sowing, with a rosette of softly hairy, oval leaves and tall, one-sided spires of pendant, tubular, bright rosy-purple flowers 6cm long, spotted within, in summer
[出典]BBC

本 [日本語訳]
ジギタリスは、二年草または短命の多年草。種が実ると自分で弾き飛ばす。ロゼットは柔らかい毛におおわれ、葉は楕円形で草姿は高く伸びる。夏に咲き、全体は尖塔状となり片側だけに垂れ飾りのように花をつける。花は明るいバラのような赤紫色をしており、長さ6センチの管状で内側に斑点がある。

本 [単語チェック!]
biennial:二年草
perennial:多年草
rosette:ロゼット
spires:尖塔
spotted:斑点のある



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421673835

この記事へのトラックバック
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。