香辛料のサフラン1kgには17万個の花が必要です。

中東を旅行した友人から香辛料のサフランを
お土産にもらいました。

赤い雌しべの部分をていねいに手で摘み採ったものだそうです。サフランの花には一見3本の雌しべがありますが、
実は長い1本の雌しべが途中から3つに枝分かれしています。
スパイスとして価値があるのは、この枝分かれしている
鮮やかな赤色をした部分のため、1つの花から
スパイスとしてのサフランは3本採れるだけなのです。

1kgのサフランには17万個の花が必要だといいます。
相場は1kgで15万円位だそうですのでとても高価なもの
なんですね。

さっそくサフラン・ライスを作って見ましょう。

yasai0006L.jpg

Saffron
サフラン

本 [今日の記事]
Saffron

The most expensive spice in the world fortunately goes a long way! It's derived from the stigmas of the saffron crocus (Crocus sativa), which can only be picked by hand. It takes 250,000 stigmas to make just half a kilo of saffron.

Saffron can be bought whole in threads or strands (stigmas), which should be crushed just before using, or in powdered form. Spanish and Kashmiri saffron are reputed to be among the best quality. Saffron gives a distinctive aroma and flavour and a yellow colour to Spanish paella and Italian risotto. Saffron is also a classic ingredient in the French fish soup bouillabaisse.

[出典]bbc.co.uk

本 [単語チェック!]
Saffron:サフラン
fortunately:幸いにも
go a long way:長続きする
derive:から得られる
stigma:(雄しべの)柱頭
thread:糸
strands (stigmas):ひも
crushed:粉々にする
reputed:評判のよい
distinctive:独特の
paella:パエリア
ingredient:材料
bouillabaisse:ブイヤベース(サフラン風味の魚介類の煮込み)



★今週の花ブログ・ランキング
☆今週の英語ブログ・ランキング

チョコレートとバニラ

去年の夏休みに、ニューヨークのブルックリン植物園と
ニューヨーク植物を訪ねました。

その前年の11月に、淡路島で、国際植物園シンポジウムが
あり、植物園でのボランティアの組織化について基調講演を
されたブルックリン植物園名誉ディレクターの
エリザベスシュルツさんに逢いに行ったのです。

エリザベスさんとは、シンポジウムの時、名刺を交換して、
ちょっとお話しただけだったのですが、是非、
ブルックリン植物園にいらっしゃいといわれてたのを頼りに、
Eメールで訪問願意を伝えたところ、翌日、OKの返事が
来ました。

そこで、早速、ニューヨーク行きのスケジュールを錬りました。

ブルックリン植物園とニューヨーク植物園は、初めて行ったん
ですが、素晴らしい植物園でした。

(今日は、時間がないので、この続きはまたこんどしましょう。)



そんなわけで、今日の記事は、
植物園の記事です。

子どもたちに植物の不思議や役割を理解させるための
五感をつかっての工夫です。


Chocolate and Vanilla Adventures

本 [今日の記事]
Chocolate and Vanilla Adventures
February 25 to April 2, 2006
In the Everett Children's Adventure Garden

Did you know that vanilla comes from the seedpod of an orchid plant? Inside the Steere Discovery Center, awaken your senses with the heavenly scent of fresh vanilla, investigate vanilla beans with a microscope, and do a vanilla jellybean taste test.

Warm up with a cup of hot chocolate, grind and taste seeds from the cacao tree, and taste a cocoa drink you’ve never tasted before―the kind the ancient Mayas made. Experiment with adding spices like chili powder, cinnamon, and vanilla to make your own mouth-watering recipe.

本 [日本語訳]
チョコレートとバニラの探検が、2006年2月25日から2006年4月2日まで、エバレット子ども探検ガーデンで開催します。
あなたは、バニラがラン植物の莢から出きるのを知っていましたか? スティアディスカバリーセンターの中で、新鮮なバニラのすばらしい香りを嗅いで、顕微鏡でバニラを調査して、そして、バニラゼリービーンズの味比べをしてあなたの五感を呼び覚ましてください。
ホットチョコレートで温まりましょう。カカオの木から取った果実をすりつぶし味わいましょう。そして、あなたがこれまで味わったことのない、古代のマヤ族が作ったココアの飲み物を味わってください。チリパウダー、シナモン、バニラのようなスパイスを加えたりして、あなたのオリジナルのおいしいレシピを作ってください。

本 [単語チェック!]
Everett Children's Adventure Garden:ニューヨーク植物園の中にある子どもたちの探検ガーデン
seedpod:莢(さや)
investigate:調べる、研究する
microscope:顕微鏡
experiment:実験、試み
mouth-watering:よだれの出そうな、おいしそうな


八角 その2

今日も八角をとりあげます。

今年のインフルエンザは、峠を越えたという記事が
先週ありました。12月に行きつけの理容室で、
インフルエンザの予防接種は済ませた?と聞かれ、
少し驚きました。私はうまれてこの方、インフルエンザの
予防接種はしたことがなかったからです。

世の中の人は、そんなにインフルエンザの注射をしている
のかとびっくりしました。お客さんの三分の一位はして
いますよというのでもっとびっくりです。
理容室の方は、いろいろの人と接する機会があるし、
インフルエンザに掛かったら商売にならないので毎年
しているというのです。

皆さんはどうしていますか?

ところで、抗ウイルス薬で一躍有名になったタミフルですが、
どうしてインフルエンザに効くか知っていますか。

ウイルスの増殖作用を上手く利用しているのです。

高校の生物の教科書に出てくるような話なんですが、

ウイルスが細胞に感染し、細胞内で増殖して細胞から
出て行く時、ノイラミニダーゼという酵素が関係する
のですが、タミフルはこの酵素にくっついて、細胞から
ウイルスが切り離すことをじゃまします。
これで、ウイルスの増殖を抑えています。
さらに、細胞の表面に沢山のウイルス粒子が溜まって
いくと、免疫細胞が、この細胞は自分の体のものでは
ないと反応して、ウイルスに感染した細胞を殺して
しまいます。それで、ひどくなるのを抑えるというのです。

タミフルはインフルエンザに罹ってから二日以内に処方
しないと意味がないといいますが、ウイルスが
爆発的に増殖する前に、退治するためだったんですね。

それでは、今日の記事いってみましょう。
八角が香辛料として使われている話です。

Star anise:八角 スターアニス ダイウイキョウ トウシキミ
学名:Illicium verum

本 [今日の記事]
Star anise is a spice that closely resembles anise
in flavor, obtained from the star-shaped pericarp
of Illicium verum, a small native evergreen tree
of China. The star shaped fruits are harvested
just before ripening.
It is widely used in Chinese cuisine, and to a
lesser degree in South Asia and Indonesia.
Star anise is an ingredient of the traditional
five-spice powder of Chinese cooking. It is also
one of the ingredients used to make the broth for
the Vietnamese noodle soup called phở.

本 [日本語訳]
八角はアニスにとてもよく似た香りのする香辛料です。
中国原産の常緑低木のトウシキミの星型をした果皮から
つくられる。星の形をした果実は熟す前に収穫されます。
中国の料理に広く使われるほか、南アジアとインドネシア
でも中国ほどではないが使われます。
八角は、中華料理の伝統的な五香粉の成分です。
また、それはフォーと呼ばれるベトナムのスープ麺の
だし汁の材料の一つです。

本 [単語チェック!]
resembles:似ている
anise:アニス セリ科の一年草。地中海地方原産の薬用・香辛料植物。
pericarp:果皮
Illicium verum:スターアニスの学名
ripen:熟する
lesser:より少なく
five-spice powder:五香粉、ウーシャンフェン(中国料理の混合香辛料、アニス、コショウ、ウイキョウ、チョウジ、ケイヒが入っている)
broth:薄い澄んだスープ
phở:フォー ベトナムの麺料理

プレゼントにほんブログ村ランキングに参加しています!←クリックしてね!ぴかぴか(新しい)

八角はインフルエンザ治療薬タミフルの原料です!

昨日の新聞に、東大でインフルエンザの特効薬タミフルを
植物原料を使わず化学的に製造する方法を開発したという
記事が載っていました。

記事によると、タミフルは中国料理に使われる植物
トウシキミの果実「八角」を原料に、その成分である
シキミ酸から複雑な工程を経て生産されているというのです。

調べてみると、昨年後半から、新型インフルエンザの世界的な
流行が懸念されており、八角からインフルエンザの治療薬
タミフルの原料となるシキミ酸が抽出されると広く報じられた
ため、中華料理の代表的な香辛料「八角」の値段が10月末から
普段の2〜3倍に高騰しているそうです。

そこで、今日のブログではスプラウトの続きを書く予定でしたが、
ニュースを優先して八角について書きます。

それでは、今日の記事いってみましょう。

八角がタミフルの製造で品不足になっていることを話題に
しています。

Star anise:八角 スターアニス ダイウイキョウ トウシキミ
学名:Illicium verum

本 [今日の記事]
A shortage of star anise is one of the key reasons
why there is a worldwide shortage of Tamiflu.
Star anise is grown in four provinces in China and
harvested between March and May. The shikimic acid is
extracted from the seeds in a ten-stage manufacturing
process which takes a year. Reports say 90% of
the harvest is already used by the Swiss pharmaceutical
manufacturer Roche in making Tamiflu, but other reports
say there is an abundance of the spice in the main
regions - Fujian, Guangdong, Guangxi and Yunnan.

本 [日本語訳]
八角の不足は、世界的なタミフルの不足の大きな理由の1つです。
八角は、中国の4つの省で栽培されて、3月〜5月の間に収穫されます。
シキミ酸は種子から1年がかりで10段階の製造プロセスを経て
抽出されます。
報告によると収穫の90%が、スイス薬剤メーカー、ロッシュ社に
よってタミフルを作る際に使われると書かれていますが、
他の報告では、この香辛料の主産地である福建省、 広東省、
広西省、雲南省には豊富にあると書かれています。

本 [単語チェック!]
Tamiflu:タミフル スイスのロッシュ社が開発したインフルエンザ薬
Star anise:八角
shikimic acid:シキミ酸 
 (まだ、一般的な言葉ではないんですね。私の電子辞書には出てきません)
extract:抽出する
pharmaceutical:薬
Roche:ロッシュ社
abundance:豊富
Fujian:福建省
Guangdong:広東省
Guangxi:広西省
Yunnan: 雲南省

プレゼントにほんブログ村ランキングに参加しています!←クリックしてね!ぴかぴか(新しい)

ゴマ  胡麻

Sesame:ゴマ  胡麻
学名:Sesamum orientale

本 [今日の記事]
Sesame is one of the earlist recorded plants
grown for its seeds. The Egyptians and
Babylonians used ground seeds in their breads,
a practice that continues in the Middle East
today. Excavations in eastern Turkey have
found evidence of oil being extracted from
the seeds as early as 900BC. High in
polyunsaturated fatty acids, the oil pressed
from raw seeds is excellent for cooking and
is highly stable, with the advantage that
it does not turn rancid in hot climates.

本 [胡麻とは]
ゴマ科の一年生作物。原産地はアフリカといわれている。
胡(西域のこと)を経て中国から日本に渡来。

本 [単語チェック!]
ground:ひいて粉にした
practice:習慣
the Middle East:中東 リビアからアフガニスタンに及ぶ諸国
excavations:遺跡
evidence:証拠
extract:絞りとる
polyunsaturated:不飽和結合の多い
fatty acid:脂肪酸
stable:変質しにくい
advantage:利点
rancid:腐って鼻につく

プレゼントにほんブログ村ランキングに参加しています!←クリックしてね!ぴかぴか(新しい)
          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。